写真

写真=iStock.com/bowie15

『孫子』は兵法書として比較的すぐに評価されました。『三国志』の主役の1人である魏の曹操は『孫子』が好きで『孫子』を再編纂し、今、我々が読んでいるのは曹操が再編纂した版です。ライバルの蜀の諸葛孔明も『孫子』を引用していますし、呉の孫権一族の正史の冒頭には「我々は孫子の末裔らしい」と書かれています。つまり『三国志』は『孫子』を読んでいる者同士の戦いなのです。 日本でも戦国時代、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング