写真

■マンモグラフィーでは、見つかりにくいがんも がんは初期の段階で発見して治療すれば治る時代。国が女性に推奨しているのは、表のような5つのがん検診だ。これらの検診は、住んでいる市区町村か職場で、無料か小額の自己負担で受けられる。 20歳から2年に1回、受けたいのが子宮頸がん検診。前がん病変である高度異形成や上皮内がんの段階で見つかれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング