写真

「dancyu」12月号の特集「一泊×6食 おいしい鉄道旅」より(撮影=エレファント・タカ)

地方ローカル線の多くは廃線の危機に直面している。福井県のえちぜん鉄道もそのひとつだったが、この数年、利用者が伸び続けるなど経営が好転している。利用者が増えたポイントは「終電が23時台」と「大雪に強い」。地元では「乗って残そう」という機運が高まっているという。復活劇の一端をお伝えしよう――。 ■蕎麦処・福井で起きた廃線危機ローカル線の奇跡の復活 北陸・福井県は全国屈指の蕎麦処だ。 県内には蕎麦畑が点在し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング