写真

新元号の入った御朱印(著者撮影)

12月14日は、赤穂浪士討ち入りの日だ。「忠臣蔵」の物語にちなんで、赤穂浪士のファンは“聖地”である泉岳寺に集まってくる。泉岳寺の「赤穂義士記念館」には史実通りの資料だけでなく、後世のフィクションにもとづく「ニセモノ」も展示されている。宗教社会学者の岡本亮輔氏は、「たとえ本物でなくても、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング