写真

どんな本にも必ず「穴」はあり、それが思考のきっかけになる―― ※写真はイメージです(写真=iStock.com/SunnyGraph)

「いくら東大生だからと言って、さすがに受験生時代には本なんて読まないだろうな」。現役東大生作家の西岡壱誠氏は、そう考えていたが、周囲に話を聞くと「受験生時代にこそ本を読む量が増えた」と話す人もいるという。その理由は「東大の入試問題を勉強していると、自然と本が読みたくなるから」。どういうことなのか――。 ※本稿は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング