写真

軍事評論家 高部正樹氏

■超ハードな環境下でもラクラク快眠できる達人のコツ 自衛官・傭兵──アメリカ軍直伝の「すぐ眠りにつく方法」とは ●高部正樹(軍事評論家) 私は航空自衛隊を辞めた後、1988年から傭兵として約20年間、アフガニスタン、ミャンマー、ボスニア・ヘルツェゴビナの戦地で戦ってきました。300~500メートル先、近いときは80メートル先で敵が銃を構えて待っている戦闘の最前線では、もちろんまともに寝ることはできません。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング