写真

明治初期に撮影された呉服屋の様子(画像=『江戸暮らしの内側 快適で平和に生きる知恵』)

江戸時代は今とは違う意味で「生涯未婚」の人が多かった。雇われ商人が独立できたのは早くても30歳頃だが、江戸時代の平均寿命は30歳代。結婚したり子供を作ったりする前に、この世を去る人は少なくなかった。「死なずに生き抜くこと」が何よりも難しかったのだ――。 ※本稿は、森田健司『江戸ぐらしの内側快適で平和に生きる知恵』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。 ■「長男以外の男性」は10歳で奉公に出た 江戸の庶民を代表するのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング