写真

(写真=AFP/時事通信フォト)

アパレル企業の「ゾゾ離れ」が深刻だ。老舗の「オンワード」に続き、子供服の「ミキハウス」が出品を見送った。さらに、セレクト最大手の「ユナイテッドアローズ」が自社ECの運営委託を解消。前澤友作社長の「1億円お年玉企画」など話題には事欠かないが、経営は大丈夫なのか。JPモルガン証券のシニアアナリスト・村田大郎氏は「テナント離れによる当面の業績への影響は限定的だ。ゾゾタウン事業の高収益・高効率性は変わらない」という――。 ■“ゾゾ離れ”への懸念が広がる 日本最大級のファッション通販サイト「ゾゾタウン」。運営企業ゾゾの前澤友作社長は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング