写真

※写真はイメージです(写真=iStock.com/stevanovicigor)

「日中眠くなる」「朝早く目が覚める」。春にはそんな悩みがよく聞かれる。精神科医で早稲田大学准教授の西多昌規氏は「春は体内時計が昼の長さにまだ慣れていない。年度の切り替わりによる心身の不調、花粉症の鼻詰まりなど、睡眠の質を下げる要因も多い」という。医師が教える「睡眠の5つのコツ」とは――。 ■季節の変わり目には睡眠の悩みが増える 3月に入って日の光もまぶしくなり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング