写真

図表1 日本で一番多く使われているのは「永」(画像=『元号と日本人』より)

「改元」はどのような時に行われてきたのか。改元理由の多くは天皇の即位だ。だが、かつては「珍しい亀が見つかった」「病を治す泉を発見した」といった、吉兆に由来する改元も行われていた。背景には「政治的な演出」があったという――。 ※本稿は、プレジデント書籍編集部著、宮瀧交二監修『元号と日本人』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。 ■日本の元号で一番多く使われているのは「永」 中国の元号数は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング