写真

国際線専用の機材エアバスA320

北九州を拠点とする航空会社スターフライヤーが復調している。安定して営業利益を上げられる態勢が整い、昨年10月には4年半ぶりに国際定期便を再開した。競争力の源泉は顧客満足度にこだわる「プレミアム戦略」にある――。 ■全便・全席に「モニターと電源」は国内で敵なし 北九州空港を拠点とする航空会社スターフライヤーが復調している。2013年度決算では30億円の営業赤字を出した。だが運航路線を組み換えることで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング