写真

普通の人は「モグラ」(=表面的な問題)しか見ていない(画像=『1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法』)

「1日3時間」だけ働いて、何不自由なく暮らすことはできるのだろうか。それを実現しているのが実業家・思想家の山口揚平氏だ。山口氏は「圧倒的に稼ぐ人は仕事が速いのではない。本質を考えることによって決定的に大事なことを見抜き、それを実行している。考えることはコスパが高い行為なのだ」という――。 ※本稿は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング