写真

英国独立党(UKIP)の元党首で、4月に新党のブレグジット党を結党したナイジェル・ファラージ氏。離脱派の「顔」として知られている。(写真=EPA/時事通信フォト)

■欧州は英EU離脱に疲れ果てている 英国のEU離脱交渉が10月末に延期されたことを受けて、ロンドンの市民のムードは弛緩してしまった。政争に明け暮れる与野党に対してロンドンの有権者は疲れ果てている。一方でEUの官僚のストレスもピークに達している。このままでは多くの人々が当事者意識を欠いたままで交渉の期限が到来するかもしれない。 ■メイ首相が辞任しても事態は変わらない 英国の欧州連合(EU)からの離脱は混迷を極めている。従来、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング