写真

■民法改正で借金の時効が10年→5年に 借金には時効がある。銀行や貸金業者といった株式会社から借りた場合などは5年で、個人間であれば10年。起算日になるのは、お金を借りた日ではなく、返済期日だ。もし返済期限を設けていない場合、貸した日を起算日として考えるのが一般的である。 しかし民法改正によって、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング