写真

撮影=プレジデント社書籍編集部

セブン&アイ・ホールディングスは昨年、西日本でGMS(総合スーパー)を展開するイズミとの業務提携を発表した。会見でセブン&アイの取締役は「イズミの売場づくりを学んでいきたい」と話した。イズミの8倍の規模をもつ業界の雄が、そこまで褒めるイズミの強さとは──。 ※本稿は、『ゆめタウンの男戦後ヤミ市から生まれたスーパーが年商七〇〇〇億円になるまで』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。 ■営業収益6兆円と7000億円の業務提携 昨年の話になりますが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング