写真

■親子間の犯罪に警察は消極的 70代の元農林水産省事務次官が、引きこもりだった40代の息子を刺殺して逮捕された。容疑者の供述によると、息子から家庭内暴力を受けていたという。だからといって殺人は許されないが、加害者となった親にも被害者の一面があったことは否めない。 近年、80代の年金生活者が50代の子を養う「8050」が社会問題化している。子どもや中年の引きこもり現場に詳しい証拠調査士の平塚俊樹氏が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング