写真

2008年1月27日、大阪府知事選挙で当選を確実とし、中山太郎自民党衆院議員(右)らの待つ祝勝会場に到着した橋下徹氏(中央)。大阪市北区の選挙事務所にて(写真=時事通信フォト)

上司から「仕事ができる」と評価される人は、どこが違うのか。元大阪市長の橋下徹氏は「上司を『忖度』できているかが重要です。つまり上司の視界を想像して物事を考えられるかどうか」という。橋下氏が大阪府知事だったときのエピソードを紹介しよう――。 ※本稿は、橋下徹『実行力結果を出す「仕組み」の作り方』(PHP新書)の一部を再編集したものです。 ■忖度には「悪い忖度」と「良い忖度」がある 仕事というのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング