写真

会社員から専業農家に転じた有坪民雄氏(画像提供=有坪民雄氏)

他業種から農家になる人がじわりと増えている。農林水産省の調査によると、2017年に他業種から就農した49歳以下の人数は10年前の3倍にのぼる2710人になっている。しかしそうした転身が成功するとは限らない。会社員から専業農家に転じた有坪民雄氏は「経営計画書がなければ、就農は失敗する」という――。 ■農業を始めるなら「支援機関」と相談するのがベスト 新規就農する方法は大きくわけて3つがある。 ①就農支援機関と相談しながらやる ②農家(家業)を継ぐor農家に嫁(婿)入りする ③独力で就農する これらの中で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング