写真

外国特派員協会で月旅行計画について会見するZOZOの前澤友作社長(2018.10.9)(写真=AFP/時事通信フォト)

難病で苦しむ3歳児の心臓移植を実現するため、ZOZOの前澤友作社長が募金を呼びかけたところ、猛烈なバッシングを受けた。なぜなのか。フリーランス麻酔科医の筒井冨美氏は「アメリカもドナー(臓器提供者)が不足している。日本人が渡航移植すると、助かるはずだった米国人患者が助からなくなる」という――。 ■ZOZO前澤友作社長の「美談」はなぜ批判されたのか 「約60億円で現代アート(バスキアの作品)を落札」 「現金100万円を100人(総額1億円)へのお年玉プレゼント」 「日本人初の月旅行を予約(アメリカ「スペースX」社による月を周回する旅行)」 ZOZOの前澤友作社長のこうした派手な行動はしばしばニュー… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング