写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Pavlo_K

都内を中心に展開していたステーキ店「ケネディ」は、2017年に全店舗を一斉閉店し、破産した。ステーキはここ数年、大流行している。なぜ経営に失敗したのか。その背景には「ステーキ半額券」の存在があった――。 ※本稿は、帝国データバンク情報部『倒産の前兆』(SB新書)の一部を再編集したものです。 ■「40店舗展開」からの一斉閉店と破産 都内を中心にステーキハウス「KENNEDY(ケネディ)」を展開していた、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング