写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/danieldep

新元号「令和」の発表とともに脚光を浴びた『万葉集』には、ゆかりの地・奈良のほか、日本中の幅広い地域が歌われている。『万葉集』の新しい読み方を提案する奈良大学文学部・上野誠教授に、その楽しみ方を聞いた。 ■新元号はグローバルかつローカル ――『万葉集』の新しい読み方に定評のある奈良大学文学部・上野誠教授は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング