写真

ブレイディみかこさん

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)の著者、ブレイディみかこさんは、イギリス在住のライター・コラムニスト・保育士。多様な人種の中で中学校生活を送る息子さんの日々を描いた本作で、女性読者の共感を呼んでいる。これまで社会派のルポルタージュを多く書いてきたみかこさん。そんな彼女から現在の日本社会はどう見えているのか――。 ■おじさんの差別的発言の背景を考えてみる ――本の中で描かれるのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング