写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/urbancow

成績優秀者ではないが、劣等生でもない。そんな「中くらいの子」は学校で放っておかれやすい。教育アドバイザーの鳥居りんこさんは「『中の中の子』は存在感が希薄で、意見も求められない。そのため、決められず動けない大人になる恐れがある」という――。 ■放置される“中の中”の子「僕らは透明な存在なんです」 筆者は長年、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング