写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/deeepblue

なぜ昔ながらの下町の大衆酒場には「もつ煮込み」があるのか。ライターの石田哲大氏は「もつの中でも、消化器系の『白もの』は比較的安く手に入る。独特の臭みが気にならない食べ方として、みそやしょうゆで調味して煮込んだメニューを店が提供し、安くて栄養価が高いつまみとしてヒットしたのではないか」という——。 ■大衆酒場ともつ煮込みの切っても切れない関係 東京の下町である浅草の中心に位置する浅草寺。その西側に大衆酒場が密集している通りがある。通称「ホッピー通り」、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング