写真

LIFULL 社長 井上高志氏

▼業界と会社の10年後を見通す経営書 書物や人から知恵を借り、「あるべき未来」を追求しています ■共有型経済の先にあるもの ロスリングほか『ファクトフルネス』(日経BP社)は、「データや事実にもとづき、世界を読み解いていこう」と提案する本です。ここでは人々の世界についての理解が、いかにイメージ先行であるかが鮮烈に示されます。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング