写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Yasuppy

東京は107の河川をもつ「水の都」だ。その姿は徳川家康が整えた。江戸に入府した家康は、まず河川工事から街づくりを始めている。オラガ総研の牧野知弘代表は「そこには3つの理由がありました。水は重要な資源であると同時に、大きなリスクもあるからです」という——。 ※本稿は、牧野知弘『街間格差-オリンピック後に輝く街、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング