写真

スコットランド戦、途中出場で活躍する日本代表の中島イシレリ(中央右)とバルアサエリ愛(同左)=10月13日、横浜国際総合競技場 - 写真=時事通信フォト

ラグビーW杯で4連勝中の日本代表。その日当は約1万円だ。一方、強豪のイングランド代表は1試合当たり2万5000ポンド(約350万円)が支払われているという。金銭的な見返りは望めないにもかかわらず、なぜ日本代表は死力を尽くすのか。著書『国境を越えたスクラムラグビー日本代表になった外国人選手たち』(中央公論新社)』が話題のノンフィクションライター・山川徹氏が解説する――。 ■日当1万円で240日間の合宿をやってきた 「日本代表は100ドル(約1万円)の日当でやっている」 ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の発言が注目を集めている。 10月11日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング