写真

独身研究家 荒川和久氏

■ソロ客に支持されない商売は、立ち行かなくなる 「独身者に対する世間の風当たりは、今なお強いし、家庭持ちの人との間には根深い対立構造があるのを感じます」 独身研究の第一人者として博報堂ソロもんラボを率いる荒川和久氏はこう切り出す。 「既婚者の言い分は、独身者が自由な生活を謳歌するのは自由だけど、彼らの老後を支えるのが自分たちの子供世代というのが許せないということ」 独身者を快く思わない人がどれだけいようとも、社会の「ソロ化」は加速する一方だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング