写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/byryo

ひきこもりの長期化はなぜ起きるのか。愛知教育大学の川北稔准教授は、「ひきこもりを恥ずかしいと捉える親の意識や、周囲の理解不足が一因だ。課題が家庭の内側に閉ざされてしまい、支援につながりにくい」と指摘する――。(第1回/全3回) ※本稿は、川北稔『8050問題の深層「限界家族」をどう救うか』(NHK出版新書)の一部を再編集したものです。 ■40代以上のひきこもり経験者の道筋を調査 今年6月1日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング