写真

「じき死ぬから、元気なうちに楽しみたい」。70歳で一人暮らしの父親は、息子に会社を譲ったものの、75歳まで「会長」として報酬をもらうつもりだ。いまの支出は年500万円。だが会社の経営は厳しく、息子は会長報酬を止めたい。会長報酬がなくなれば父親の家計は行き詰まる。相談を受けたファイナンシャルプランナーの出した結論とは——。 ■ひとり暮らしの70歳父親が「年500万円放蕩」のうちわけ 「父のお金遣いが荒く、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング