写真

素戔嗚神社 天王祭=2016年6月4日 - 写真=AP/アフロ

新型コロナウイルスの流行をうけ、江戸時代に熊本に現れたという妖怪アマビエをはじめ、疫病に関わる寺社や伝承が話題になっている。宗教社会学者の岡本亮輔氏は「日本の各地には疫病除けにまつわる伝承が受け継がれている。それは私たちの社会が最終的に疫病を乗り越えてきた証拠だ」という――。 ■「新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願祭執行の件」 新型コロナウイルスの流行をうけ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング