写真

パブで働く男性の仕事像 - 写真=iStock.com/kazuma seki

子どもなどの扶養親族がいると納める税金が安くなる扶養控除。この制度を適用するには、扶養される人の年収に上限がある。税理士の佐久間裕幸氏は、「年収が103万円を超えると扶養から外れて納税額が増える。会社から支給される家族手当もなくなる場合がある」という――。 ■年収103万円を超すと親の扶養控除から外れる 昔から大学生はアルバイトをしてお小遣いを稼ぐものだったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング