写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/metamorworks

昭和から令和にかけて、日本の管理職の役割はどのように変わっていったのか。経営共創基盤の木村尚敬氏は、「昭和では部下の意見を取りまとめるのが管理職の仕事だった。だが、2010年代に入った頃から、自分で決めて、仕事の方向性や手法をリードしていくことが求められるようになった」という——。 ※本稿は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング