写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Ziga Plahutar

新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者は、上限200万円の「持続化給付金」を受け取ることができる。ただ、この給付金は原則課税対象なのだ。元国税調査官で税理士・産業カウンセラーの飯田真弓氏は「持続化給付金に関する政府の説明は、さまざまに受け取れる言葉が使われており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング