写真

JAL国内線エアバスA350-900型機のJクラス座席。 - 筆者撮影

飛行機の利用にはどれだけのコロナ感染リスクがあるのか。航空ジャーナリストの北島幸司氏は「機内は2~3分ですべての空気が入れ替わるなど、『3つの密』を防ぐ仕組みが備わっている。搭乗者が注意すべきなのは機内での感染リスクよりもフライト前後の行動だ」という——。 ■国際航空運送協会の結論「感染リスクが低いことを示唆している」 新型コロナウイルスの感染拡大で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング