写真

元木昌彦氏

■オレたちはろくな死に方をしないだろう 「日本で一番危険な編集者」。1990年代の週刊誌黄金期にそう評された元木昌彦は、「雑誌はやろうと思えば何でもできる」と語る。元木は言葉のとおり週刊誌編集長として「何でも」やった。本書はそんな元木が編集者としてどう生きてきたかの記録だ。 今では誰もが知っている「ヘア・ヌード」という言葉を生み出したのも元木だ。過激なグラビアは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング