写真

東京都知事選に立候補を表明し、記者会見で写真に納まる小野泰輔氏(中央)。右は東京維新の会の柳ケ瀬裕文代表、左は音喜多駿副代表・政調会長=2020年6月9日、東京都庁 - 写真=時事通信フォト

■吉村バブルに乗り切れず 新型コロナウイルス対応で人気が急上昇し、「将来の総理候補」との声もあがるようになった大阪府の吉村洋文知事。その「吉村バブル」に沸く大阪府は11月に「大阪都構想」の是非を問う住民投票を実施予定で、吉村氏が代表代行の地域政党「大阪維新の会」は悲願を成就できるか否かの重要局面を迎える。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング