1. トップ
  2. トピックス
  3. 経済
写真

スズキの株主総会で会長退任のあいさつを終え、会場を後にする鈴木修氏(右)。左は鈴木俊宏社長=2021年6月25日、浜松市[同社提供] - 写真=時事通信フォト

43年にわたってスズキの経営トップを務めた鈴木修会長が、今年6月、会長を退任して相談役となり、経営の一線から退いた。「生涯現役」を公言していた鈴木氏は、なぜ退任を決断したのか。そこには自動車業界をめぐる大変革が影響している——。 ■91歳のカリスマ経営者が最後に放った言葉 日本企業でカリスマ経営者として名を馳せた代表格の一人が6月25日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング