イエメン国内での激しい地上戦と空爆により、数千人規模で民間人の命が危険にさらされている。国境なき医師団(MSF)は、ホデイダ、ハッジャ、アデン、サアダ、タイズ県で多数の犠牲者の治療にあたっている。MSFは、医療施設の患者とスタッフ、前線付近にいる数万人の住民の安全を憂慮し、全ての紛争当事者が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング