国境なき医師団(MSF)と市民団体「SOSメディテラネ」は12月7日(日本時間)、イタリア政府をはじめ欧州各国政府の協調介入により、地中海で共同運航している海難救助船「アクエリアス号」が活動停止に追い込まれたことを発表した。 [画像:https://prtimes.jp/i/4782/425/resize/d4782-425-363691-0.jpg] 世界で最も危険な航路で人びとが避難し続けるなか、直近の2ヵ月間にわたりアクエリアス号は港に停泊させられ、人道援助活動ができないでいた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング