イエメン南西部の都市タイズで、3月21日から4日間にわたる激戦があり、国境なき医師団(MSF)の支援する病院だけでも51人の負傷者を受け入れた。うち2人は搬送時にすでに死亡していた。この戦闘によって少なくとも1ヵ所の公立病院が閉鎖となった。MSFは紛争当事者に対し、多くの市民が暮らす都市部での戦闘は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング