ユニセフ事務局長声明-関係国に子どもたちの権利保護求める 【2019年5月21日ニューヨーク発】 シリアとイラクで、外国人戦闘員の子どもが行き場所を失っている状況を受け、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、関係国に彼らを保護するよう求める以下の声明を発表しました。 *** シリアやイラクなどのキャンプや収容所または孤児院で悲惨な生活を強いられている何万人もの外国人戦闘員の子どもは、世界で最も弱い立場にある子どもたちに含まれます。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング