写真

八村塁、レブロン&レナードらとの対戦で見えた現在地「長い目で見れば最高の…」 ワシントン・ウィザーズのルーキー八村塁はNBA1年目の今季、開幕から全18試合(現地12月2日時点)にスタメン出場して平均13.3得点、5.6リバウンド、1.6アシストの成績を残している。これまでラマーカス・オルドリッジ(サンアントニオ・スパーズ)やケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ)ら実績のあるスターとのマッチアップを経験してきたなか、11月26日からのアウェー4連戦ではレイカーズとクリッパーズというリーグ上位につけるロサンゼルス勢と激突。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング