写真

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が中国を訪問し、習近平国家主席と会談した。金委員長の「中国詣で」は4回目。韓国紙は「いくら習主席にしがみついても、非核化以外に方法はない」と突き放している。写真は中朝国境。

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が7日から10日の日程で中国を訪問し、習近平国家主席と会談した。金委員長の「中国詣で」は昨年3月以来4回目。2回目の米朝首脳会談を控え、改めて後ろ盾を求めたとみられるが、韓国紙は「いくら習主席にしがみついても、非核化以外に方法はない」と突き放している。 中国国営新華社通信によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング