写真

17日、韓国鉄道公社が国内の複数の駅に建設した2階建て車両「ITX−青春」専用のホームに、毒性の強い物質を含むことから再利用が禁止されている廃枕木を大量に使用していたことが分かった。写真はソウル地下鉄の駅にあるKORAILのマーク。

2017年5月17日、韓国鉄道公社(KORAIL)が国内の複数の駅に建設した2階建て車両「ITX(急行型電動列車)−青春」専用のホームに、毒性の強い物質を含むことから再利用が禁止されている廃枕木を大量に使用していたことが分かった。韓国・中央日報が伝えた。 今月1日の「ITX−青春」運行開始に合わせ新設されたソウル・新道林(シンドリム)駅の専用ホームは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング