写真

英オックスフォード大学の研究によると、夜の睡眠時間が9時間を上回ると、悪夢を見やすくなるという。

英オックスフォード大学の研究によると、夜の睡眠時間が9時間を上回ると、悪夢を見やすくなるという。関連論文は学術誌「SocialPsychiatryandPsychiatricEpidemiology」に掲載された。新華社が伝えた。 研究者はオンライン調査により、被験者846人が2週間内に悪夢を見る頻度を分析し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング