写真

12日、網易体育は、9日に行われた日本インカレ男子100メートル決勝で、東洋大学の桐生祥秀が9秒98をマークしたことについて、本当の恐ろしさはこれからであると分析する記事を掲載した。資料写真。

2017年9月12日、網易体育は、9日に行われた日本インカレ男子100メートル決勝で、東洋大学の桐生祥秀が9秒98をマークしたことについて、本当の恐ろしさはこれからであると分析する記事を掲載した。 桐生は決勝で追い風1.8メートルの中で9秒98をマーク。中国の蘇炳添(スー・ビンティエン)が2015年に記録した9秒99を100分の1秒上回ったことで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング