写真

在韓米軍へのTHAAD配備に反発する中国の「報復措置」で韓国企業の中国撤退が加速。韓国紙は「もう中国に依存も期待もすべきでない」「尖閣諸島国有化で経済報復を受けた日本の対応が解答に」などと反応している。資料写真。

2017年9月23日、在韓米軍への高高度迎撃ミサイル(THAAD)配備に反発する中国の「報復措置」で韓国企業の中国撤退が加速している。これに対し、韓国紙は「もう中国に依存も期待もすべきでない」などと強調。「12年の尖閣諸島国有化で経済報復を受けた日本の対応が解答になる可能性がある」とも指摘している。 聯合ニュースによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング