中国科学院海洋研究所は22日、「次世代遠洋総合科学観測船『科学号』が、当院の海洋先導科学技術プロジェクト実行中に、無人潜水機に搭載された中国が自主開発したラマン分光探知機を使い、南シナ海海域で初めて、海底にむき出しになった『メタンハイドレート』を発見し、天然ガスであることが確認された」と明らかにした。人民日報が報じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング