写真

18日、韓国の病院で帝王切開の手術中に新生児の頭がメスで傷つけられる事故が発生、その後の病院側の対応が明らかになり波紋を呼んでいる。資料写真。

2017年10月18日、韓国の病院で帝王切開の手術中に新生児の頭がメスで傷つけられる事故が発生、その後の病院側の対応が明らかになり波紋を呼んでいる。韓国・ファイナンシャルニュースが伝えた。 今年7月1日午後2時21分、チェさんはソウル近郊にある総合病院の産婦人科で帝王切開手術により男の子を出産した。手術は産婦人科専門医のA教授が執刀した。 チェさんらの主張によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング